「このはな綺譚」2017年

「このはな綺譚」は2017年にテレビ放送されたまだ新しいアニメです。
恥ずかしながら私が知ったのはテレビではなく最近Huluによってですが、何気なく見始めたものの,,私的にはここ数年で最高のヒットでした。
神々をもてなすための異界の旅館が舞台で、着物に猫耳(猫娘でなく狐っこという設定なのですが)の仲居の女の子たちが織り成す物語です。
どうしてもジブリの映画を思い出してしまいますが、こちらとてキャラクターに個性があり、各話によく練りこまれた癒しのストーリーが展開します。
主人公の柚(ゆず)のほか、桐(きり)、蓮(れん)、皐(さつき)など毎日がんばる仲居狐たち。
もちろん彼女たちも魅力ですが、私の押しは第5話から登場するサブキャラになりますが「呪いの日本人形」というふれこみの「お菊」です。
このはな亭に預けられたお菊は、持ち主から疎まれ虐げられ、人への恨みを口にし毒をはいてばかりですが、このはな亭の住人たちと生活するうちに少しずつ頑なな心がほぐされていきます。
といっても、仲居たちに振り回され、こき使われて散々な目にもあっていますが。なにせ「匠が作った一級品の人形」だと自慢しているそばから、西洋風ドールへと強引にメイク(改造?)されてしまうのですから。
全十二話の各話完結ですが、お勧めは第八話の「かりそめの訪客」です。
人の世とは違う次元にあるはずのこのはな亭に人間が迷い込んできます。元の世界ではそれなりに悩みを抱えた人間と狐っこたちの接触。いいストーリーなのでラストには触れませんが、30分以内で終わるこの1話で実にうまく物語を展開しています。これを見たときは涙腺崩壊してしまいました。
癒しの物語で気持ちよく涙活したい人には絶対おすすめのアニメです。
Huluさんは当然定期的に作品を入れ替えていますが、たのむからこの「このはな綺譚」だけはメニューから消さないでくれ。
今はそう願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です