「未来のミライ」は純粋に面白い

先日、映画鑑賞した「未来のミライ」は純粋に面白くて、夢中になってみてしまいました。キャラクターの愛らしさやファンタジックな世界観、テンポの良さなども面白さなど、様々な要素が組み合わさった作品。登場人物の「くんちゃん」を中心に、家族の歴史を垣間見るシーンで構成されています。中でもくんちゃんとひいじいじのシーンが私にとって特に印象的でした。

くんちゃん×ひいじいじの哲学教育は、子育てを考えるうで大切なことなのかもしれないと気づきがあったことを覚えています。
(激中で耳にした言葉ですので、記憶が定かではありません。そのため正確性は欠きます。)

◆下を向くな。前だけ見てろ

自転車に乗れないくんちゃんをバイクに乗せた際、ひいじいじが伝えた言葉でした。この言葉に対して、安心感を覚えるような印象を受けました。

人は誰しも不安を覚えます。初めて取り組む物事に対しては、誰しも緊張してしまって不安感は強くなるものです。不安かられ自分を信じることができなくなると目をそらしてしまったり、下を向いてしまう経験はだれしもあるはず。
自転車の乗り方を覚える・バイクを乗り方を覚える等、具体的な乗り物に焦点をおきながら学ぶ方法もありますが、一つ抽象的に考えた学びは、高い応用性を秘めています。

シンプルな一言ですが、私たちが子育てをする上で覚えておきたい教育の一つだったと感じています。じいじという立場の人間が伝えるという関係性も良かったと感じています。

◆乗り方は全て同じ

バイクも、馬も、自転車も乗り方は全て同じ。くんちゃんとじいじとのシーンであった一言だったと思います。記憶が定かではありませんが、非常に印象的な言葉でした。成人するまでに思考力が長けてくると違いを知ります。違いに重きを置いた教育をする場合もあるでしょう。些細な違いを見つけて販売する手法がビジネスといっても過言ではありません。しかし、販売するプロセスでは共通点をみつける力は不可欠です。

なぜ子どもに教育するかと言えば、子どもが社会人になって自立した人間として生きていけるように教育をすると私は考えています。教育における大人の本質的な一言は、子どもたちには自らの意志・思考を育てる教育へと繋がることが期待できます。

こうした要素を感じさせる未来のミライは、私にとっては非常におもしろい作品でした。

幹細胞コスメ オールインワン

王様ゲームは好みがわかれる

私はストーリーやグロい演出がリアルで面白かったけれど、こういう系が苦手な人は嫌だと思う作品であり、幼い子供には見せられないシーンが多い作品なので、よくアニメ化にこぎつけたなあと思えます。アニメでは主人公が転校する前の学校で開催された王様ゲームと、転校先で行われた王様ゲームが見れます。初めの王様ゲームに巻き込まれた時主人公は、親友の命を助けるために嘘のメールをクラスの一部に送信したり、自分の恋人を親友に捧げたりします。サイコロの目をふった人は、サイコロで出た目の数だけ相手を指名をして指名された人と共に罰を受けるという命令の実行シーンが最も衝撃を受けます。主人公に命からがらメールを送信し、幼馴染の電話に出られず罰を受けた陽介のシーンも衝撃的です。主人公のために身を犠牲にした彼女と女クラスメイトは、土壇場であの選択ができるのはすごいと感じます。
最初の王様ゲームは自己防衛が強かった主人公ですが、2回目の王様ゲームでは1人でもクラスメイトの命が助かることに奔走しています。奈津子は主人公に恋をしていたらしいけれど、クラスメイトを恐怖から解放することが目的だからと言って、最後に主人公を手にかけ、輝晃のメールを着信できないようにし、遼にチェーンソーを渡してあざ笑い、親友の声を無視して非道そのものだと思います。奈津子は悪いイメージしかないですが、里緒菜はイメージが良く、王様ゲームを終わらせるために、自分が助かるのに海に身を投げた行動は称えたいです。極限状態の中で伸明についていこうとしたクラスメイトはイイ人ばかりです。全ての命令の中で、大切なモノを失えという命令は、どうすればいいかわからないので、大変だなあと思います。

ルパン三世 part5についての口コミ

ルパン三世 part5についての口コミです。
ルパン三世はセカンドシーズンからリアルタイムで見てきたオールドファンです。登場人物はもちろん世界観が大好きでずっと見てきたのですが、とっくに自分の年が彼らの年齢を超え、声優さんも変わって行き、残念ながらだんだんと見ることが少なくなってきていたところに始まった今回のシリーズ。
事前の告知などで見るに、ずいぶんとおしゃれで軽い感じのキャラクターデザインでしたし、あえて見ることもないだろうと思っていたのですが、放送時間が深夜というのがポイントでした。
つけっぱなしのテレビから偶然に流れてきて見てしまい、毎週見ることに(笑)。悪くないのです。
確かに、かつての自分がイメージしていたルパンとは違うのです。軽かったり、おしゃれすぎたり、線が細過ぎたり。長年のファンからすると、いろいろと突っ込みどころも多いのですが、やっぱりその世界観というか空気感は継承されています。新キャラクターやすっかりデジタル化された世界の中にあってもやはりルパンはルパンだし、多少の違和感はあるものの、案外すんなりと受け入れることができてしまいました。まさかこの年でアニメを見るようになるとは。その回ごとに仕上がりにばらつきを感じることもありますが、そもそもが1話完結型の話が大半のアニメなので、そのあたりはあまり気にせずに楽しめる感じです。シリアスなストーリーとおふざけな軽いストーリーが良いバランスで入れ替わるのも良いところ。今の若い方々がどのように受け取っているのかは分かりませんが、たまに垣間見える、シリーズ全体に対しての作り手の遊び心なども面白くて、にやりとしてしまうこともあります。欲を言うなら、もっとお宝を盗んで欲しいなとは思いますが。私のようなオールドファンにもぜひ見てみてもらいたいなと思います。

私がお勧めするのは「ワンピース」というアニメです。

私がお勧めするのは「ワンピース」というアニメです。「ワンピース」は海賊の話で、主人公のルフィが海賊王を目指すというストーリーです。しかし、ただ敵をバッタバッタ倒していくだけではありません。なんと言ってもこのアニメの良いところは「思わず涙が出るほど感動する」という点ではないでしょうか。主人公の仲間たちの過去のエピソードや航海の途中で出会った人のエピソードなど、様々な場面で胸が熱くなるほど感動します。サンジという料理人の仲間がいるのですが、サンジを仲間にする場面でサンジとサンジの恩人であるゼフとの不器用だけど真っ直ぐなお別れのシーンは何度見ても涙がウルっとしてしまいます。他にもチョッパーという船医がいるのですが、チョッパーとチョッパーの恩人との一生の別れの話も何度見ても泣けます。ワンピースで泣けるエピソードはどれも人と人との強い絆をテーマにしていて、ついつい感情移入をしてしまうのかもしれません。他にも紹介したい感動シーンはあるのですが本当に多すぎて紹介しきれないです。
ワンピースは感動シーンも多いし、カッコいいシーンも多いし本当にお勧めなのですが1つだけいちゃもんをつけるとすれば「後付けの設定がやや無理があるのはないかなー」という点ですかね。ワンピースには悪魔の実というものが存在するのですが、悪魔の実にはゴム人間などになれる「超人系」、動物になったりできる「動物系」、砂人間になったりできる「自然系」があります。最初の設定では「自然系」には普通の物理攻撃が当たらず、砂人間が相手であれば水を使って攻撃しなければならない!みたいな設定でした。しかし、しばらく経ってから実は自然系にも物理攻撃を当てる方法があるということが判明したのです。そうなってくると「なんで序盤に出てきて後の話でも出てくる強キャラの敵はそれを知らなかったんだ」となりますよね。私としては最後まで「砂人間には水を!」的な感じで対応して敵を倒していってほしかったですね。最後に不満を書いてしまいましたが、このことを差し引いてもワンピースが素晴らしいアニメであることに変わりはありません。

「このはな綺譚」2017年

「このはな綺譚」は2017年にテレビ放送されたまだ新しいアニメです。
恥ずかしながら私が知ったのはテレビではなく最近Huluによってですが、何気なく見始めたものの,,私的にはここ数年で最高のヒットでした。
神々をもてなすための異界の旅館が舞台で、着物に猫耳(猫娘でなく狐っこという設定なのですが)の仲居の女の子たちが織り成す物語です。
どうしてもジブリの映画を思い出してしまいますが、こちらとてキャラクターに個性があり、各話によく練りこまれた癒しのストーリーが展開します。
主人公の柚(ゆず)のほか、桐(きり)、蓮(れん)、皐(さつき)など毎日がんばる仲居狐たち。
もちろん彼女たちも魅力ですが、私の押しは第5話から登場するサブキャラになりますが「呪いの日本人形」というふれこみの「お菊」です。
このはな亭に預けられたお菊は、持ち主から疎まれ虐げられ、人への恨みを口にし毒をはいてばかりですが、このはな亭の住人たちと生活するうちに少しずつ頑なな心がほぐされていきます。
といっても、仲居たちに振り回され、こき使われて散々な目にもあっていますが。なにせ「匠が作った一級品の人形」だと自慢しているそばから、西洋風ドールへと強引にメイク(改造?)されてしまうのですから。
全十二話の各話完結ですが、お勧めは第八話の「かりそめの訪客」です。
人の世とは違う次元にあるはずのこのはな亭に人間が迷い込んできます。元の世界ではそれなりに悩みを抱えた人間と狐っこたちの接触。いいストーリーなのでラストには触れませんが、30分以内で終わるこの1話で実にうまく物語を展開しています。これを見たときは涙腺崩壊してしまいました。
癒しの物語で気持ちよく涙活したい人には絶対おすすめのアニメです。
Huluさんは当然定期的に作品を入れ替えていますが、たのむからこの「このはな綺譚」だけはメニューから消さないでくれ。
今はそう願うばかりです。

映画「この世界の片隅に」話題になっていたので見ました。

映画「この世界の片隅に」話題になっていたので見ました。
ほんわかした絵柄で癒し系だなあと思って見始ました。最初は主人公のすずがどんくさいというかのんびりマイペースなのに少しイライラもしましたが、本人の意思やペースを無視して縁談が決まり、知らない人の元へ嫁がねばならなくなり、どんどん大人にならざるを得なくなっていくのをかわいそうにも感じました。そういう時代だから仕方ないのでしょうが。現代にいたらきっと芸大などに入って、のほほんと好きな絵を描くフリーターのような人になっていたのかもしれないなあと思いました。
嫁ぎ先では多少いびられつつもそれなりに過ごしてこのまま淡々と日々が過ぎるのかと思いましたが、どんどん戦争がひどくなり可愛い絵柄とかけ離れたストーリーになって行きます。絵がかわいいまま、残酷な現実がどんどんと襲ってくるのでそのギャップがかえって恐ろしかったです。すずの声を当てているのんさんの淡々とした語り口がそれを助長していて、いいキャスティングだなと感じました。
特に義姉の娘を死なせてしまったところは思い出しても胸が痛みます。こういう死がすぐ身近にあるというのが戦争なんだと、強く感じました。
もちろん戦火の中でも小さな楽しみを見つけて工夫し、健気に生きるすずの姿に胸を打たれましたが、それよりも恐ろしさの方が強く心に残りました。戦争というものの恐ろしさを伝えるというのが目的に作られた映画なら、完全に目論見通りだったと感じました。
戦争映画としてではなくても、昔の暮らしぶりを見て感心したり、単に絵柄や背景の美しさに感動したりと、人は選ぶかもしれませんが、芸術性においてもいい映画だなと思いました。

マイケルダラス

一時期マイケルダグラスにハマっていて片っ端から出演している映画を探しては見ていた時に出会った1本
その為あらすじなども読んでいないので、ジャンルの種類すら
分からず見た事で衝撃が大きかった事を覚えています
何かお勧めの映画ない?と聞かれたらまず薦めしますね
そしてあらすじは読むなと伝えます
ただ少し古い映画なので余り画像が綺麗でない事が
少し残念な気がします、今の映像に比べるとですが
リメイク版を是非作って欲しいです
現代でも通用する作品だと思っています

主人公は裕福な人生を送っていましたがよくあるパターンの
傲慢で他人は信用しない典型的な強欲人間でした
そんな主人公の事を心配した弟が誕生日にある物を
プレゼントしました、それがタイトルにある”ゲーム”です
物語はこの”ゲーム”に主人公が参加するところから
一気に目が離せない展開になって行きます。
それまで築いたものが徐々に崩れ出し歯車がズレ始め
誰を信用して良いのか何が真実なのかといった
展開になっていきます。
物語の展開が早くあっという間に時間は過ぎていき
最後には衝撃のラストが待っています

全体的にサスペンス色が強い映画だと思います
パズルの1ピース1ピースが至る所に散りばめられ
それを手探りでハメていく、そして最後の1ピース
がハマり完成した時に訪れる、自分映画史上最も衝撃を
受けたラストが待っています、思わず絶叫しかけました
もう1回あの感情の絶叫を味わいたいものです
お勧めとしては2回見ることです
もう1回見る事により細かい所に目がいき
緻密な計算のもとに作られた映画だと気付くハズです
脚本書いた人に拍手ものです
1度観た映画は余り2回見る事も無いし
ましてDVDを買ってコレクショにする事もない自分が
購入して人に薦めている数少ない映画の1本です

失格紋の最強賢者~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~ を読んでみました

私が気に入ったマンガは「失格紋の最強賢者~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~」という作品です。

最近流行りの異世界転生系の作品ですが、自分の意思で転生をしたのと異世界内で転生したという点が他の作品とは異なっています。
主人公マティアスが転生するキッカケとなったのは、能力の限界を悟ったからでした。
この世界では紋章というものが成長度合いに大きく左右されます。
紋章は4つあり、第一紋は生産系、第二紋は威力特化型、第三紋は連射特化型、第四紋は近接特化型に分かれています。
転生前の主人公は当時世界最強であったのもの、紋章は生産系を司る第一紋。
これ以上どれだけ訓練してもこれ以上の成長はほとんどしない・・・この程度ではまだ見ぬ宇宙の敵相手に戦う事は出来ない・・と悟り、近接特化型の第四紋を得るために転生したというわけです。

マティアスという少年に転生し、備わった紋章は希望通りの近接特化型の第四紋!
これで思う存分最強を目指せられる!と張り切るも、どうも周囲の様子が変なんです。
転生前は最悪とされていた第一紋を栄光紋、マティアスが転生までしてやっと手に入れた第四紋は失格紋と呼ばれ最悪な紋章として扱われていました。
しかも転生後の世界は魔法レベルがとても低く、どうしてこうなった??とマティアスは悩みました。
この辺りは魔族によるミスリードによるものだったんですけどね。
マティアスは少年なので肉体・魔力共に未熟な状態ですが、転生前の知識で超強くなっていきます。
周囲は魔族のミスリードにより、最弱な人間ばかり。
マティアスは最強の第四紋+最強賢者の知識で、国家レベルの強さになるんですよね。
周囲とのギャップはもちろん、圧倒的な知識と戦闘力で魔族ですらガンガン倒していく姿は爽快。
最近では神話に登場する暗黒竜でさえ従えてますし、仲間も含めてどこまで強くなるのか目が離せません。

聖闘士星矢と僕

私の中でのナンバーワンアニメ、それは「聖闘士星矢」です。
クロスという鎧を見にまとい、コスモという超能力で様々な強敵とバトルを繰り広げていくストーリー。
最初の内は、ほぼ対等のライバル達との戦闘が中心なのですが、ストーリーが進むにつれ、圧倒的に力の差がある敵が現れるようになります。
最終的には神様と闘いを繰り広げるようになり、その差を例えるなら、まるでアリと象。
子供心に、「神様にどうやって立ち向かうの?これじゃ絶対に勝てっこないわ。」と思うのですが、主人公達は、信じられない奇跡を起こし、ボロボロになりながらも強敵達を倒して行きます。
主人公達の奮闘ぶりを見ていると、自分自身も「何事も無理だと最初から決めつけない。」と言う気持ちにさせれくれ、これまでの人生の中でも聖闘士星矢に救われた事が何度もあるほどです。
聖闘士星矢の魅力は、主人公星矢以外のキャラクターも主役級だと言う所。
その中で、私は特にフェニックス一輝というキャラクターがお気に入り入りです。
一輝は他の主人公とは違い、最初は悪役なのですが、闘いを通して自らの過ちに気付き、仲間に加わります。
フェニックスというように、死亡したと何度も思わせるシーンがあるのに、何度も復活してきます。
また一輝は基本的に他の主人公達とは行動を共にしない一匹狼なのですが、仲間のピンチの時には必ず現れてくれます。
当時は「最初から居てくれたらいいのに。」と何度もテレビに突っ込んでいましたが、今思うと、たまにしか出ないから一輝は良いんだなと思っています。
放送から30年経った現在、全く色褪せず、見返してみると、子供の頃にタイムスリップしたような熱い気持ちにさせてくれます。

オーバーロード

アニメ「オーバーロード」は元々「小説家になろう」サイトの原作です。ストーリーは主人公鈴木悟がサービス停止になるゲーム「ユグドラシル」で最後の日を迎えるところから始まります。仲間たちと作り上げたギルド「アインズ・ウール・ゴウン」はかつての賑わいはなくギルド長である鈴木悟、HNモモンガのみが残っていました。

そして玉座に座り最後の時を迎えたと思った瞬間、なぜかギルドごと異世界に転移されてしまいます。自分と仲間たちが作ったNPCが生きているかのように動き出し困惑するモモンガ。ですが異世界でこのギルドを守るため・もしかしたら他のプレイヤーも自分と同じように転移している可能性もあると考え、生きていくと決意するのでした。

正直、好き嫌いが分かれるアニメです。まず、主人公がネクロマンサーという骸骨です。かっこいいヒーローなどではありません。そしてギルドのNPCたちは人外ではないため人間をゴミ・虫けらぐらいにしか思っていません。

最初はまだ虐殺など残酷なシーンは少なかったのですがフォーサイトの出るワーカー編で「絶対もう見ない!!」「胸糞悪い」という口コミがとても数多く、このワーカー編で読者を振るいにかけた感をとても感じました。確かにワーカー編は救いようがないほどバッドエンドになっています(アインズ側ではなくワーカー側)

その後も王国兵の半数以上を虐殺したりとけっこうエグイシーンが続きます。これをストーリーとして読めるか「人間を殺すなんて!」と嫌悪を抱くかは好みがかなり分かれそうです。

私は確かにアインズの「もう人間を殺しても何の感情もない」という考えは確かにコワいと思うけど人間のやっていることのほうがよっぽどこわいです。個人的には好きなアニメなのでこのまま見ようと思っています。

 

ワキガクリーム比較